English
 

多孔質体事業

株式会社タコー ホーム > 多孔質体事業
ホームページ
会社概要
タコーの歩み
事業案内
  多孔質体事業
  トルマリン事業
  消臭事業 潟Tンスイ
  海外事業
  ノベルティ商品事業
大人気商品パルスクリーン
オンラインショップ タコー屋本舗。
お問い合わせ


1997年米国「第11回国際発明展」にて
「パルスクリーン」が金賞受賞
多孔質体事業

多孔質体事業は、現在のヒット商品「パルスクリーン」の産みの親です。私共の開発致しました殆どの商品構造が多孔質体より造られており、技術的には、(株)タコーの心臓部に当たります。

■多孔質体とは?
多孔質(タコウシツ)とは「無数の穴があって表面積が多いこと」を意味します。多孔質の例としてみなさんのご存知のものには「炭・スポンジ・セラミック」などがあります。多孔質体のメリットは、通気性がよく、表面積が多いことによって、小さな刺激を最大限生かせることにあります。
「パルスクリーン」や「トルマリンペレット」は、 多孔質体の構造でできています。多孔質であるため、細かいミクロンの孔にまで刺激(電磁波・熱・圧力・風・水)が入り込み、 トルマリン原石よりもマイナスイオンを放出しやすくなっているのです。株式会社タコーの社名の由来は、この「多孔質(タコウシツ)」なのです。「多孔質」の技術が、タコーの原点ともいえます。

■多孔質体の製品
多孔質体の製品は、空気や水の濾過材、薬液の濾過水処理散気管、医療用部品、食品工業用濾過材、液体の吸上げ芯など幅広い分野で活躍しています。


■多孔質体の究極
濾過、保持、発散、吸収、分離等の様々な機能は生体膜のそれに準えられるでしょう。
(株)タコーは、その究極を追求すべく独創的な焼結技術を駆使し、命ある高分子焼結多孔質体の提供を続けています。

■高分子焼結とは
高分子焼結多孔質体とは、所定の粒度の高分子粒体が成形金型の中で、隣接する粒子間である面積をもって融着し合い、3次元的網目構造を織りなす結果、平均的なある気孔をもった多孔質体となったものをいいます。
PMMA焼結体


EL 低密度ポリエチレン
*特徴
高密度ポリエチレンに比べ柔軟性がある。
耐衝撃性、耐薬品性が良い。
*形状
板、筒、小球 肉厚:2〜5mm
*用途
空気、水、薬液濾過、塗布体

EH 高密度ポリエチレン
*特徴
耐薬品性に優れる。石油系にも使用可能。
*形状
成型品、管 肉厚:2〜3mm
*用途
空気、水、薬液の濾過、医療用フィルター、ストレーナー液体の 吸い上げ芯

超高分子量ポリエチレン
*特徴
耐薬品性、耐摩耗性に優れる。二次加工が非常に容易です。
*形状
板、筒、球 肉厚:2〜15mm
*用途
粉体流動板、フラックスの発泡、医療用部品、食品工業用濾過材

ポリプロピレン
*特徴
耐熱性、耐薬品性に優れる。軽く、剛性がある。
*形状
成板、筒、成形品 肉厚:3〜5mm(P50〜100)
・・・・・・・・・・3〜7mm(P200)
・・・・・・・・・・・・5〜7mm(P500・600)
*用途
散気管、ダイナミックメンブランの支持体、薬液、油の濾過、 各種ストレーナー、サイレンサー

ポリプロピレン
*特徴
透明美観があり、寸法精度、硬度が高い。臨界表面張力が39 dyn/cmで水に係わる素材として最適。
*形状
板、筒、成形品 肉厚:3〜20mm(M30、M50)
・・・・・・・・・3〜30mm(M70)
*用途
飲料水、工業用水の濾過散気材

ポリ4弗化エチレン
*特徴
耐薬品性、耐熱性、耐摩耗性が抜群です。
非粘着の特異性あり。
*形状
板、筒、 肉厚:3〜15mm
*用途
オゾン用散気材、薬液濾過、医療用部品



上記、多孔質体に関してのお問い合わせは
(株)タコー 多孔質体事業部まで どうぞ

TEL 03-5959-3366

--------------------------------------
尚、受注生産ですので
お見積もりは無料にて承ります

www.tako.co.jp
Copyright(C) 株式会社タコー All Rights Reserved